昇降機の保守管理|エレベーターのメンテナンスは保守点検業者に相談を

エレベーターのメンテナンスは保守点検業者に相談を

インテリア

昇降機の保守管理

マンション

関係のある法律と指針とは

マンションやビルといった建物を所有する人又は管理者は、所有もしくは管理している建物を構造面や設備面を常に安全な状態で保守する必要があります。これは法律で定められていることで、建築基準法第8条に基づいています。建物にエレベーターが設備されている場合は、法律の他に昇降機センターによる指針が加わります。この指針には、所有者や管理者はエレベーターなどの昇降機が運行するにあたり確保すべき安全を定期的に点検し、必要であれば補修や整備を行うことが書かれています。法律に基づく点検を法定点検、指針に基づく点検を定期点検といいます。定期点検は1ヵ月ごとに行うことが勧められていますが、決まりではないので1ヵ月ごとに必ず行わなければならないというわけではないです。法定点検に関しては点検頻度の定めがないため、建物やエレベーターなどの設備が安全に保持されていれば頻度は自由ということです。定期点検も法定点検も点検頻度が定められているわけではないのですが、昇降機センターが勧める1ヵ月ごとの点検をしたほうが、万が一の危険リスクを下げることにつながります。

適切な管理は費用工夫から

安全のために行うべきことですが、それなりの費用がかかります。マンション管理者はマンションの大きさによって費用削減に力を入れる必要があるので、エレベーター保守にかかる費用に工夫をすると良いです。エレベーター保守のメンテナンスには、フルメンテナンスとPOGの2種類あります。フルメンテナンスは性能に関する部品交換が対象になることが多く、ワイヤー・ケーブル・押ボタン・基盤・内装などにメンテナンスを行います。費用相場は4万円から5万円です。POGは定期交換する必要がある部品の交換メンテナンスになります。費用相場は2万円から3万円以内となっています。費用額は大手メーカーに依頼すると少し高めになるので、エレベーターメンテナンス会社を選択したほうが費用が安めである上に交渉がしやすいので費用を下げられる可能性があります。また、費用の中に年に一度行う法定検査費が含まれるかどうかも会社により異なります。部品交換にかかる費用が月額費用に含まれるかどうかも、違いがみられます。ちゃんと相談できて、できるだけ費用削減が行える会社を選ぶと良いです。